Windows10コンピューターでDNSキャッシュを表示する方法は次のとおりです

Windows 10でDNSキャッシュを表示する方法を学びたいですか?もしそうなら、このチュートリアルはあなたのためです。Windows 10 PCでは、DNSコンテンツを表示するために使用できるいくつかの方法があります。まず、DNSキャッシュの意味の概要を次に示します。

DNSキャッシュとは何ですか?

DNS(ドメインネームシステム)キャッシュは、DNSリゾルバーキャッシュと呼ばれることもあり、情報の一時的なストレージです。それはあなたのコンピュータによって維持され、最近アクセスしたすべてのウェブサイトとそのIPアドレスの記録が含まれています。

これは、ブラウザまたはオペレーティングシステムにローカルに保存されたDNSルックアップのコピーを保持するデータベースとして機能します。あなたのコンピュータはウェブサイトをロードしようとするときはいつでもそれをすぐに参照することができます。DNSキャッシュは、すべての公開WebサイトとそのIPアドレスのインデックスを格納する電話帳のようなものです。その主な目的は、リクエストが大量のパブリックDNSサーバーに送信される前に、最近アクセスしたアドレスの名前解決を処理することにより、Webサイトをロードするリクエストを高速化することです。情報はローカルで入手できるため、プロセスははるかに高速です。

Windows10でDNSキャッシュを確認する方法

前述のように、Windows 10でDNSキャッシュを表示するには、さまざまな方法があります。これは、DNSの問題を診断する場合、たとえば、無効または古いDNSレコードがキャッシュされる可能性がある場合に役立ちます。

コマンドプロンプト経由

DNSキャッシュの内容を表示するには、管理者特権のコマンドプロンプトで次のコマンドを実行する必要があります。

  1. Win + Sショートカットキーを押して、「cmd」(引用符なし)を入力します。
  2. 右側のペインで[管理者として実行]をクリックします。
  3. [コマンドプロンプト]ウィンドウで、次のコマンドを入力してEnterキーを押します。

    ipconfig / displaydns

コマンドを実行すると、次の結果が表示されます。

  • レコード名–これは、DNSに照会する名前と、その名前に属するアドレスなどのレコードです。
  • レコードタイプ–これはエントリのタイプを指し、番号として表示されます(ただし、通常は名前で参照されます)。各DNSプロトコルには番号があります。
  • 存続時間(TTL)–これは、キャッシュエントリが有効である期間を表す値であり、秒単位で表示されます。
  • データ長–これはバイト単位の長さを表します。たとえば、IPv4アドレスは4バイトで、IPv6アドレスは16バイトです。
  • セクション–これは質問に対する答えです。
  • CNAMEレコード–これは正規の名前レコードです。

次のコマンドを使用して、DNSキャッシュの結果をエクスポートできます。

ipconfig / displaydns> dnscachecontents.txt

これにより、出力がテキストドキュメントdnscachecontents.txtに保存されます。

PowerShell経由

WindowsPowerShellを使用してDNSキャッシュを表示できます。また、コマンドプロンプトと同様に、データベースをエクスポートまたは保存することもできます。手順は次のとおりです。

  1. Win + Xキーボードショートカットを押して、[Windows PowerShellAdmin]を選択します。または、そのオプションが見つからない場合は、Win + Sショートカットキーを押し、「PowerShell」(引用符なし)と入力して、右側のウィンドウで[管理者として実行]を選択します。
  2. 次に、コマンド「Get-DnsClientCache」(引用符なし)を入力し、Enterキーを押します。
  3. 詳細については、Get-Helpコマンドレットを使用してください。

    Get-DnsClientCache –fullを支援する

DNSキャッシュをクリアする方法

インターネット接続の問題が発生した場合、通常、DNSキャッシュをフラッシュまたはクリアすると問題が解決します。

次のようなさまざまな理由で、DNSキャッシュをクリアすることをお勧めします。

  • Webサイトやアプリケーションへのアクセスが困難な接続の問題のトラブルシューティングを試みる場合:キャッシュ内のドメイン名のIPアドレスが正しくないか無効である場合、Webサイトは正しい情報を返すことができません。ブラウザの履歴をクリアしても、DNSキャッシュには古い破損した詳細が含まれています。フラッシングは、DNSに結果を更新させるのに役立ちます。
  • DNSスプーフィングまたはDNSキャッシュポイズニングの問題のトラブルシューティングまたは解決を試みる場合:サイバー犯罪者は、パスワードや銀行の詳細などの機密データを収集するように設計されたWebサイトにリダイレクトする目的で、キャッシュにアクセスしてIPアドレスを挿入または変更しようとする場合があります。DNSキャッシュをクリアすると、これを防ぐことができます。
  • プライバシーの保護:DNSキャッシュには、CookieやJavaScriptなどの個人データは含まれていませんが、最近アクセスしたアドレスと頻繁にアクセスしたアドレスの履歴が保持されます。この種の情報は、熟練したハッカーの手には危険な場合があります。DNSキャッシュをクリアすることで、アドレス履歴を消去し、ハッカーがオンラインの行動を追跡する可能性を低くします。
  • 訪問したサイトに関する古い情報や古い情報の解決:ここでの例は、Webサイトがサーバーを移動した場合です。

DNSキャッシュをフラッシュするのは安全ですか?

DNSキャッシュのフラッシュは、システムに悪影響を与えないことに注意することが重要です。DNSキャッシュは、Webサイトへの迅速なアクセスを保証します。また、DNSキャッシュをクリアすると、最初にWebサイトにアクセスしたときに、ロードに通常よりも時間がかかる場合があります。しかしその後、結果は再び速くなります。

DNSキャッシュをクリアするには、何らかの理由で、コマンドラインまたはWindowsPowerShellを使用できます。

コマンドプロンプトを使用してDNSキャッシュをクリアする

  1. Windowsキー+ Sを押して、「CMD」と入力します(引用符は含みません)。
  2. 右ペインで「管理者として実行」オプションを選択します。
  3. プロンプトに次のコマンドを入力し、Enterキーを押します。

    ipconfig / flushdns

それでおしまい!キャッシュが正常にフラッシュされたことを示す通知が表示されます。

問題がローカルマシンではなくサーバーにある場合でも、コマンドプロンプトを使用してDNSキャッシュをクリアできますが、コマンドは異なります。その場合、コマンドは次のようになります。

  • dnscmd / clearcache

WindowsPowerShellを使用したDNSキャッシュのクリア

WindowsPowerShellを使用してDNSキャッシュをフラッシュすることもできます。クリアするキャッシュのタイプに応じて、実装するオプションがいくつかあります。

  1. ローカルDNSサーバーのキャッシュをクリアするには、次のコマンドラインを使用します。

    クリア-DnsServerCache

  2. クライアントキャッシュをクリアするには、次のコマンドを使用します。

    クリア-DnsClientCache

Windows10でDNSキャッシュを無効にする方法

何らかの理由でWindows10 PCのDNSキャッシュを無効にしたい場合は、「サービスコントローラー」ツールを使用してサービスを停止できます。

  1. Win + Rキーを押し、「services.msc」(引用符なし)と入力してEnterキーを押すか、[OK]をクリックします。
  2. DNSクライアントサービス(または一部のコンピューターではDnscache)を見つけてダブルクリックし、そのプロパティを開きます。
  3. スタートアップの種類を無効に変更します。
  4. サービスを再度有効にするには、上記の手順を繰り返し、[スタートアップの種類]を[自動]に変更します。

または、Windowsシステム構成を使用してDNSクライアントを非アクティブ化することもできます。

  1. Win + Rキーを押し、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスに「msconfig」(引用符なし)と入力して、Enterキーを押すか、[OK]をクリックします。
  2. [サービス]タブに移動し、DNSクライアントを見つけます。
  3. サービスの横にあるチェックボックスをオフにして、[適用]> [OK]をクリックします。
  4. サービスを再度有効にするには、上記の手順を繰り返して、チェックボックスをもう一度オンにします。

このサービスを無効にすると、コンピューターの全体的なパフォーマンスに影響し、DNSクエリのネットワークトラフィックが増加するため、Webサイトの読み込みが通常よりも大幅に遅くなることに注意してください。

結論として…

上で述べたように、DNSキャッシュは、WebサイトにアクセスするたびにDNSを検索する必要をなくします。あなたがしなければならないのは一度サイトにアクセスすることだけであり、その後のリクエストで、あなたのブラウザまたはオペレーティングシステムはキャッシュされたDNSの詳細を使用してリクエストをはるかに迅速に返します。

DNSキャッシュをクリアすることは、プライバシーを保護し、ハッキングのインスタンスを防ぐために重要ですが、機密情報の痕跡をすべて削除するわけではありません。これらの詳細には、アクティビティ履歴、ログインの詳細、プロファイルデータ、およびアダルトWebサイトへのアクセスの痕跡が含まれます。故意に開かなかったとしても、知らないうちにリダイレクトされた可能性があります。

このような機密データを効果的に削除してプライバシーを保護するには、AuslogicsBoostSpeedのような信頼性の高いプログラムが必要です。このツールは、誰にも見つけてほしくないあらゆる種類の機密情報を消去するのに役立ちます。BoostSpeedには、プライバシー保護だけでなく、PCを最適な速度で実行し続けるために必要なすべてのツールが付属しています。

特に、[保護]タブの機能が非常に便利です。Webブラウザー、システムファイル、およびアプリケーションでのアクティビティの痕跡をクリアする以外に、DNSを不正な変更から保護するオプションもあります。これにより、攻撃者がDNSレコードを変更して、トラフィックを不正なWebサイトにリダイレクトするDNSスプーフィングについて心配する必要がなくなります。

Active Browser AntiTrackerを有効にすると、ブラウジングセッションのたびにブラウジングデータがクリアされ、プライバシーがさらに保護されます。使用状況に応じて、定期的にPCをクリーンアップすることをお勧めします。メンテナンスの実行を忘れがちなので、自動スキャンをアクティブにして、スキャンを実行する頻度を選択できます。