手間をかけずにWi-Fi接続を保護するにはどうすればよいですか?

インターネットは可能性に満ちた世界への玄関口ですが、危険で恐ろしい場所になる可能性があります。Webページにアクセスしなくても脆弱になる可能性があります。Wi-Fiネットワークに接続するだけで、脅威や攻撃にさらされることがあります。では、どうすればプライバシーを保護できますか?ワイヤレス接続を保護する方法を知る方法はありますか?

これがあなたの懸念であるならば、あなたはあなたがこの記事を見つけてうれしいでしょう。この投稿では、Wi-Fiネットワークを保護するための上位5つの方法を共有します。オンラインアクティビティを安全に保つためのヒントをぜひお試しください。

最初の方法:定期的にWi-Fiパスワードを変更する

Wi-Fi接続を保護する方法を知っているほとんどのユーザーは、ネットワークのパスワードを定期的に変更することの重要性を理解しています。手順がわからない場合は、次のガイドをご覧ください。

  1. Windows PCの電源を入れてから、Wi-Fiネットワークに接続します。
  2. 次に、[実行]ダイアログボックスを呼び出す必要があります。これを行うには、キーボードのWindowsキー+ Rを押す必要があります。
  3. [ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスで「cmd」(引用符なし)と入力し、Enterキーを押します。これを行うと、コマンドプロンプトが起動します。
  4. コマンドプロンプト内に「ipconfig」と入力します(引用符は含みません)。Enterキーを押して続行します。
  5. ワイヤレスネットワークアダプタを探します。その下にデフォルトゲートウェイアドレスを書き留めます。
  6. 次に、Webブラウザを起動します。アドレスバーをクリックして、デフォルトゲートウェイアドレスを貼り付けます。
  7. キーボードのEnterキーを押します。
  8. ルーターにログインします。
  9. パスワードを変更する必要があるため、[ワイヤレスセキュリティ設定]セクションに移動する必要があります。
  10. 注:パスワード情報が[ワイヤレスセキュリティ設定]セクションにない場合があります。したがって、ルーターのマニュアルを確認して、これにアクセスする方法を確認してください。
  11. ワイヤレスセキュリティのWPA2オプションを選択した後、パスワードを変更してください。ネットワークをハッカーから保護するために、強力なパスワードを使用してください。
  12. 行った変更を保存します。

数か月に一度、パスワードを変更することを忘れないでください。そうすることで、ひびが入るのを防ぎます。

2番目の方法:ルーターのファームウェアを更新する

ルーターを保護する方法を知りたい場合は、ルーターのファームウェアを更新する方法を学ぶ必要があります。手順は次のとおりです。

  1. WindowsPCをWi-Fiネットワークに接続します。
  2. ルーターの製造元のWebサイトにアクセスしてください。
  3. ルーターのモデルを検索し、ファームウェアのダウンロードページに移動します。
  4. 最新のファームウェアアップデートをダウンロードします。
  5. タスクバーに移動し、検索アイコンをクリックします。
  6. 「run」(引用符なし)と入力し、キーボードのEnterキーを押します。
  7. [実行]ダイアログボックスが表示されたら、「ipconfig」(引用符なし)と入力し、[OK]をクリックします。
  8. ワイヤレスネットワークアダプタの下に表示されるデフォルトゲートウェイアドレスに注意してください。
  9. Webブラウザーを起動し、アドレスバーにデフォルトゲートウェイアドレスを入力します。Enterキーを押して続行します。
  10. ルーターにログインし、[管理]または​​[ツール]セクションに移動します。
  11. ファームウェアのアップグレードセクションに移動します。これがどこにあるかわからない場合は、ルーターのマニュアルを確認することをお勧めします。
  12. 最近ダウンロードしたファームウェアアップデートを選択します。
  13. [アップグレード]をクリックして、プロセスが完了するのを待ちます。

3番目の方法:より優れたワイヤレスルーターへの切り替え

Wi-Fiネットワークを保護する方法に関するすべてのヒントを知っているかもしれません。ただし、セキュリティの最新機能をサポートしていない古いルーターを使用している場合は、ネットワークの保護を強化することはできません。したがって、より安全な暗号化方法とより効果的なファイアウォールを利用するには、新しいルーターに切り替えることをお勧めします。

4番目の方法:VPNを使用する

仮想プライベートネットワーク(VPN)を使用することにより、匿名で安全にインターネットを閲覧できるようになります。個人データを送信していないため、情報が危険にさらされるリスクが低くなります。パブリックネットワークを使用している場合でも、同じメリットが得られます。

VPNを使用する最初の方法は、独自のサーバーをセットアップし、コンピューターをそれに接続することです。ただし、接続を構成するプロセスは非常に複雑になる可能性があることを知っておく必要があります。それを達成するには、高度な技術スキルが必要になります。より簡単で便利なオプションは、VPNサービスを使用することです。有料でこのサービスを利用し、安全かつ匿名でインターネットに接続することができます。

5番目の方法:適切なネットワークに接続する

パブリックWi-Fiネットワークに接続するときは、正しいネットワークにアクセスしていることを確認する必要があります。ハッカーが被害者を知らないための罠として偽のネットワークを使用していることは注目に値します。したがって、ネットワークに接続する前に、ネットワークの正しいSSIDを知っていることを確認してください。

さらに、アクセスしようとしているパブリックWi-Fiネットワークにセキュリティ機能があるかどうかを確認する必要があります。たとえば、認証プロセスを完了したり、パスワードを送信したりする必要がある場合は、安全であることがわかります。

上級者向けのヒント:コンピューターのセキュリティを強化する場合は、AuslogicsAnti-Malwareの使用をお勧めします。このツールはブラウザの拡張機能をスキャンして、データ漏洩を防ぐことができます。さらに、それはあなたの活動を追跡し、あなたの個人データを収集するクッキーを検出します。このように、あなたはあなたのブラウジング活動が安全で安全であることを知っている安心を得ることができるでしょう。