Windows10でディスクを簡単に複製するためのヒント

ストレージドライブ上のデータを保護する1つの方法は、バックアップを実行することです。しかし、時にはそれだけでは不十分です。Windowsインストールのコピーも作成したい場合など。

幸いなことに、利用できる別のオプションがあります。そしてそれがディスククローンです。

注:ディスクとは、コンピューター上の物理ストレージドライブを指します。ソリッドステートドライブ(SSD)、ハードディスクドライブ(HDD)、または書き込み可能なボリュームとしてマウントされているその他のメディアである可能性があります。

ディスクのクローンを作成するとはどういう意味ですか?

クローンを作成すると、既存のディスク(ソース)の正確なバイト単位のコピーが作成されます。データは、宛先と呼ばれる新しいドライブに書き込まれます。

クローン作成は、何か問題が発生してディスクに障害が発生した場合に、オペレーティングシステムを含むディスクを複製する場合に役立ちます。

ソース内のすべてがコピーされます:パーティション、構成(Windowsの起動に必要なマスターブートレコードなどの低レベルのデータを含む)、およびすべてのドキュメント、ファイル、インストールされたソフトウェア。

注意:以前に宛先に含まれていたデータは、クローンが書き込まれるとワイプされます。そして、それを元に戻す方法はありません。したがって、最初にバックアップを作成するか、空のディスクを使用してください。

それでは、ハードドライブのクローンを作成する方法と要件を見てみましょう。

Windows10でディスクをクローンする方法

Microsoftは、ユーザーがディスクの正確なコピーを作成できるようにする組み込みのWindowsツールを提供していません。あるディスクから別のディスクにのみファイルを転送できます。

したがって、クローンを作成するには特別なソフトウェアが必要です。オンラインで利用できる優れたツールはたくさんあります(ClonezillaやMacrium Reflectなど)。無料版とプロ版の両方があります。

HDDのクローンを作成する方法:

  1. まず、宛先ドライブにソースドライブと同じ容量があることを確認する必要があります。容量は大きい方が望ましい。
  2. 次に、両方のドライブが内部にインストールされている場合は、問題ありません。ただし、コンピューターにドライブベイが1つしかない場合は、外部SATA-USBアダプター、エンクロージャー、またはドックを使用してベアドライブを接続する必要があります。
  3. ドライブをコンピューターに接続したら、クローン作成ソフトウェアを実行します。ウィザードは、プロセス全体をガイドします。
  • このツールは、コンピューターに接続されているディスクを表示するため、クローンのソースと宛先を選択できます。
  • ディスクのイメージを作成するか、あるディスクを別のディスクに直接複製することができます。イメージングは​​、ソースの一部を宛先にバックアップする場合に役立ちます。ただし、クローンを作成すると、宛先ディスクから起動できるようになります。
  • クローンを作成したくないファイルやフォルダーを除外することもできます。
  • 新しいディスクを宛先として選択すると、新しいディスク上のデータはすべて消去されることに注意してください。
  • ソースドライブのサイズによっては、クローン作成プロセスが開始されると、完了するまでに時間がかかります。
  • 完了したら、BIOSで新しいドライブを選択して起動できます。ただし、最初に、データの整合性を検証することを選択することをお勧めします。これは、新しいドライブを使用する前に、クローン作成プロセスが成功したことを確認する上で重要です。追加の時間がかかりますが、検証を実行することをお勧めします。

プロのヒント:迷惑なプログラムやシステムの不具合やクラッシュに直面していますか?Auslogics BoostSpeed 11を使用してスキャンを実行します。このツールは、システム全体のチェックを実行し、PCの最適な動作を妨げるジャンクファイルや問題を検出します。これは、安定性を回復し、コンピューターの速度を大幅に向上させるための完璧なソリューションです。また、ハードドライブに保存されている機密性の高い個人情報を保護し、悪意のあるエンティティがアクセスできないようにするプライバシー保護機能も提供します。