Windows 10で自動メンテナンス設定を管理する方法は?

最適なパフォーマンスを確保するために、すべてのPCには、Windows Updateのインストール、ジャンクファイルの削除、ディスクの最適化、ウイルスのスキャンなどの定期的なメンテナンスチェックが必要です。幸いなことに、Windows 10には自動メンテナンス機能が付属しており、これらのプロセスを手動で開始する手間が省け、PCを常に正常な状態に保つことができます。

Windows10の自動メンテナンスで実行される機能

自動メンテナンス機能によって実行されるタスクには、Windows Defenderを使用したセキュリティスキャン、ソフトウェアの更新、ディスクの最適化と最適化、およびその他のいくつかのシステム診断操作が含まれます。

Windowsの自動メンテナンスは、PCを使用していないとき(ただし、電源が入っているとき)にメンテナンスアクティビティを実行するように設計されているため、不便を感じることはありません。デフォルトの時間は毎日午前3時ですが、その時間にコンピューターの電源が常にオフになっている場合や、通常はアクティブになっている場合に備えて、必要に応じてスケジュールを変更できます。

メンテナンスセッションは、1回の試行で最大1時間続きます。PCの使用に戻ると、実行中のタスクはすべて中断されます。スケジュールされた時間にコンピュータを使用している場合、システムはメンテナンスを延期します。中断されたタスクは、次のアイドル期間中に再開されます。ただし、クリティカルとしてマークされたタスクは中断されないことに注意してください。PCを使用したい場合でも、システムはそれが完了することを確認します。

一部のタスクは、通常の1時間のメンテナンス期間中に完了できない場合があります。これは、スケジュールされたイベントが多すぎる場合、またはPCの電源がオフになっている場合によく発生します。このような場合、システムがタスクを少なくとも1回正常に完了する必要がある、定期的な時間枠(期限と呼ばれる)を定義できます。

タスクが期限を過ぎた場合、メンテナンススケジューラはタスクを再度開始し、次のメンテナンスウィンドウでタスクを完了しようとします。ただし、遅延タスクが確実に実行されるようにするには、スケジューラーは通常の1時間の制限時間を延長する必要があります。

タスクの実行に問題がある場合は、アクションセンターに警告通知が表示されます。その後、手動で開始できます。アクションが成功すると、スケジューラーはメンテナンススケジュールを通常に戻します。

Windows10コンピューターで自動メンテナンス設定を変更する方法

毎日のメンテナンスタスクの時間を設定し、スケジューラがシステムをウェイクアップしてメンテナンスを実行できるかどうかを選択するために使用できるさまざまな方法があります。

方法1:コントロールパネルを使用する

次の手順を実行します:

  1. Windowsキーを押しながらIを押します。開いた[ファイル名を指定して実行]ボックスに「コントロールパネル」(引用符なし)と入力します。[OK]をクリックするか、Enterキーを押します。
  2. コントロールパネルウィンドウの左上隅にある[表示方法:]ドロップダウンメニューで[大きなアイコン]を選択します。
  3. アイテムのリストを確認し、[セキュリティとメンテナンス]をクリックします。
  4. 開いた新しいページで、[メンテナンス]オプションの横にある矢印をクリックして展開します。次に、[自動メンテナンス]の下にある[メンテナンス設定の変更]というリンクをクリックします。
  5. これで、毎日の自動メンテナンスを実行する時間を指定できます。その後、そのオプションをアクティブにする場合は、[スケジュールされたメンテナンスでコンピューターをスケジュールされた時間にウェイクアップすることを許可する]チェックボックスをオンにします。定期メンテナンスでコンピューターをスリープ解除させたくない場合は、マークを外します。
  6. [OK]ボタンをクリックします。
  7. UAC(ユーザーアカウント制御)プロンプトが表示されます。[OK]をクリックして権限を付与します。
  8. これで、コントロールパネルウィンドウを閉じることができます。

方法2:レジストリエディタを使用する

Windowsレジストリに変更を加える前に、完全バックアップを実行することをお勧めします。どうして?レジストリの編集にはリスクが伴う可能性があるためです。何か間違ったことをすると、オペレーティングシステムに取り返しのつかない損傷を与える可能性があります。バックアップは、そのような損傷を元に戻すのに役立ちます。

次の手順を実行します:

  1. Windowsキーを押しながらIを押します。開いた[ファイル名を指定して実行]ボックスに「Regedit」(引用符なし)と入力します。[OK]ボタンをクリックするか、Enterキーを押します。
  2. UACプロンプトが表示されたら、[はい]をクリックします。
  3. レジストリエディタウィンドウが表示されたら、[ファイル]> [エクスポート]をクリックしてバックアップを実行します。ファイル名を入力し、バックアップファイルを保存する場所を選択して、[保存]をクリックします。
  4. ここで、レジストリエディタのメインウィンドウに戻り、HKEY_LOCAL_MACHINE>ソフトウェア> Microsoft> Windows NT> CurrentVersion>スケジュール>メンテナンスに移動します。
  5. メンテナンスキーが表示されたら、右ペインに表示されているアクティベーション境界をダブルクリックします。

注意:メンテナンスキーの右側のペインにアクティベーション境界が表示されない場合は、自分で作成する必要があります。これを行うには、空白の領域を右クリックし、開いたコンテキストメニューから[新規]をクリックしてから、[文字列値]を選択し、[アクティベーション境界](引用符なし)という名前を付けます。

  1. アクティベーション境界文字列値をダブルクリックした後、以下に示すように、選択した時間を[値データ]フィールドに入力します。
時間日付値
午前12時00分 2001-01-01T00:00:00
1:00 AM 2001-01-01T01:00:00
2:00 AM –デフォルト 2001-01-01T02:00:00
午前3:00 2001-01-01T03:00:00
4:00 2001-01-01T04:00:00
午前5時 2001-01-01T05:00:00
6:00 2001-01-01T06:00:00
午前7:00 2001-01-01T07:00:00
午前8:00 2001-01-01T08:00:00
午前9:00 2001-01-01T09:00:00
午前10時 2001-01-01T10:00:00
11:00 AM 2001-01-01T11:00:00
12:00 PM 2001-01-01T12:00:00
午後1:00 2001-01-01T13:00:00
午後2時 2001-01-01T14:00:00
午後3:00 2001-01-01T15:00:00
16:00 2001-01-01T16:00:00
午後5:00 2001-01-01T17:00:00
6:00 PM 2001-01-01T18:00:00
午後7時 2001-01-01T19:00:00
20:00 2001-01-01T20:00:00
午後9時 2001-01-01T21:00:00
午後10時 2001-01-01T22:00:00
午後11時 2001-01-01T23:00:00
  1. [OK]ボタンをクリックします。
  2. これで、レジストリエディタウィンドウを閉じることができます。

Windows10で自動メンテナンスをオフにする方法

自動メンテナンスは、コンピューターをシームレスに実行し続けるための便利な機能ですが、必要に応じて無効にすることもできます。これを行うには、いくつかのレジストリの変更を実行する必要があります。

前述のように、Windowsレジストリに変更を加える前に、完全バックアップを実行することをお勧めします。どうして?レジストリの編集にはリスクが伴う可能性があるためです。何か間違ったことをすると、オペレーティングシステムが損傷する可能性があります。バックアップは、そのような損傷を元に戻すのに役立ちます。

次の手順を実行します:

  1. Windowsキーを押しながらIを押します。[ファイル名を指定して実行]アクセサリのテキストフィールドに「Regedit」(引用符なし)と入力し、Enterキーを押すか、[OK]をクリックします。
  2. UACプロンプトが表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。
  3. レジストリのバックアップを実行する– [ファイル]タブをクリックし、[エクスポート]をクリックします。バックアップファイルの名前を入力し、保存する場所を選択します。次に、[保存]をクリックします。
  4. レジストリエディタのメインウィンドウに戻り、次のパスに移動します。

HKEY_LOCAL_MACHINE>ソフトウェア> Microsoft> Windows NT> CurrentVersion>スケジュール>メンテナンス

  1. メンテナンスキーを開いたら、左側のペインの空白の領域を右クリックし、マウスポインタを[新規]に合わせてから、[DWORD(32ビット)値]をクリックします。
  2. 新しいDWORDの名前として「MaintenanceDisabled」(引用符なし)を入力します。
  3. ここで、新しく作成された「MaintenanceDisabled」DWORDをダブルクリックし、「値データ」フィールドに「1」と入力します。
  4. [OK]ボタンをクリックして、コンピューターを再起動します。

上記の手順を実行すると、自動メンテナンスは無効になります。再度有効にしたい場合は、レジストリエディタで「MaintenanceDisabled」DWORDを削除するだけです。上記と同じ手順に従ってください。手順5で「Maintenance」キーが表示されたら、右ペインの「MaintenanceDisabled」を右クリックして「削除」を選択します。UACによってプロンプトが表示されたら、アクションを確認します。

このガイドがお役に立てば幸いです。何らかの理由でWindowsの自動メンテナンス機能が不便な場合は、Microsoftが承認したサードパーティツールであるAuslogics BoostSpeedをいつでも使用して、PCを良好な状態に保つことができます。

BoostSpeedは、正確な方法を使用して、WindowsOSが最適に動作しない原因となる問題を安全に解決します。このツールは、無効なエントリを削除し、システムレジストリ内の破損したキーを修正し、ジャンクファイルを消去し、最適でないシステム設定を微調整し、プロセッサとメモリを自動的に管理して、アクティブなアプリがスムーズに実行されるようにします。最も重要なことは、次の方法でプライバシーを保護することです。アクティビティの痕跡をすべて削除し、コンピューターのハードドライブに保存されている機密性の高い個人情報を消去します(チェックしないままにすると、ハッカーの手に渡る可能性があります)。

また、BoostSpeed自動メンテナンスをスケジュールして、問題をリアルタイムで検出および修正し、コンピューターが最高の速度で動作して効果的に機能できるようにすることもできます。