Windows8でスナップビューを停止する方法のヒント

スナップビューは、Windows 7でマルチタスクツールとして最初に導入され、その人気のおかげで、Windows 8に引き継がれました。このツールを使用すると、ウィンドウを画面の任意の側にドラッグして、所定の位置にスナップできます。その後、他のウィンドウを開いて複数のプログラムを同時に操作し、それらを簡単に切り替えることができます。

この記事から、Windows8のSnapViewで何ができるか、そしてSnapViewが不要になった場合にSnapViewを停止する方法を学びます。

Windows 8でスナップビューが必要ですか?

前述のように、スナップビューは便利なマルチタスクツールです。複数のウィンドウを開いた状態で作業し(たとえば、Word文書で作業しているときにNetflixを隅で開いておくことができます)、それらを簡単に切り替えたい場合は、SnapViewでそれを実現できます。ウィンドウを画面の隅にドラッグするだけで、そのスペースに合わせてウィンドウのサイズが自動的に変更されます。他のウィンドウのサムネイルビューが表示され、画面の残りの半分で開きたいアプリを選択できるようになります。

ただし、Windows 8のスナップビューにはカスタマイズオプションがありません。その他の理由でウィンドウを移動する場合は、画面の端に近づけてもスナップします。当然、これが意図していない場合、SnapViewは非常に煩わしいものになる可能性があります。では、Windows 8でスナップビューを無効にする方法は?

Windows 8でスナップビューを停止するにはどうすればよいですか?

Windows8でスナップビューをオフにするために使用できる主な方法は2つあります。

オプション1:[パーソナライズ]メニューから

  • デスクトップの何もない場所を右クリックして、メニューから[パーソナライズ]を選択します。
  • ウィンドウの右下にある[コンピューターの簡単操作センター]をクリックします。
  • [すべての設定を調べる]で、[キーボードを使いやすくする]を選択します。
  • 一番下までスクロールし、[ウィンドウの管理を簡単にする]セクションオプションで、[画面の端に移動したときにウィンドウが自動的に配置されないようにする]をオンにします
  • [適用]をクリックして確認します。

オプション2:Windowsレジストリエディタ経由

  • レジストリエディタを開く:WinキーとRキーの組み合わせを押して[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスを表示し、「regedit.exe」と入力してEnterキーを押します。
  • UACプロンプトが見つかったら、[はい]ボタンをクリックします。
  • HKEY_CURRENT_USER \ Control Panel \ Desktopに移動します。
  • 右側のWindowArrangementActiveを右クリックし、「変更」を選択します。
  • [値のデータ]ボックスで、デフォルト値を「1」から「0」に変更します。
  • (スナップビューを再度有効にする必要がある場合は、値データを「0」から「1」に戻す必要があることに注意してください)。

Windows 8とそのすべての機能を適切に機能させるために、信頼性の高いマルウェア対策ソフトウェアをPCでアクティブにすることをお勧めします。Auslogics Anti-Malwareは、最もまれな悪意のあるアイテムを検出し、定期的なスキャンを実行してコンピューターを安全に保つように設計されています。

Windows 8でスナップビューを使用しますか、それとも無効にしますか?